それから  またまた、走って

烏帽子岳 展望台
へ。

移動しながら

「対馬」 は 「○島」 ではないのですか と、お聞きしました。


visionさん

遠くから 島 を眺めると 「一対の馬」 の形に 似ている 

とのこと、


から 始まって


対馬の 面積 人口 文化 自然 歴史 教育 産業 等


また、

海に 山に 川に 田に 人に お店 等

目に入ってくる もの すべての 質問三昧 でした。


visionさん

すべてに 詳しく 答えて 下さいました。



「対馬」 について 詳しい ホームページもあり

この私が ここで 書き込み することも事はありませんが


きょろきょろして 撮った 写真を 見て頂くことにしました。




たまたま、高速船で一緒だった ツアーの方々と  いっしょに なりました。


「どちらから、ですか?  今日のお泊まりは 今から どちらへ」

と、お聞きしました。


「東京から来ました。 ここを 見物 後 壱岐に渡り 泊まりです。」と。

私 「えっ ここだけですか  お急ぎですね、 

私 対馬 泊 で  ゆっくり、観光致します 」と、 申しました。



最近は 対馬は 観光地 として、 訪れる人は 多く  


韓国の方も いっぱい 

いろいろな ところで 韓国語の案内板が 目立ちました。 

visionさん宅 残念ながら お子様は留守で お目にかかれませんでしたが、


いっぱい お話を させて頂きました。 

明日 登る 「白嶽」が 正面 遠くに うっすら 見えてます。

「 対 馬 観 光 」

次に

福岡から 2時間 対馬に着きました。

visionさん お迎えに来て下さっていました。

ずっっーと 楽しみにしていました。




そのまま visionさん宅へ

厚かましくも 主人とふたり

今回は こちらでお泊まり  お世話になります。


久しぶりの visionさんと、奥様 の大歓迎を受け

用意して下さった 昼食を頂き 早速 観光巡りです。

つづき

19年8月24日〜25日

「百厳ぎ」

まずは 「万松院」

次に 向かったのが